製品情報

パン屑ナビゲーション

製品情報

印刷ユーティリティ

PowerX PerfectDisk 11 Pro


 
購入前の質問
 

Q.「デフラグ」とは何ですか?

ファイルの断片化を“フラグメンテーション”と言います。
断片化を無くして最適化するという意味の“デフラグメンテーション”を略して「デフラグ」と言っています。

Q.「デフラグ」は何故必要なのですか?

ファイルが断片化、つまりディスク上にばらばらに配置されてしまうと、そのファイルを読み取るのに複数回のディスクI/O処理が必要になってしまいます。

ひとつにまとまって保存されている場合は1回の処理でまとめて読み取りできますが、1,000個に断片化されたファイルでは1,000回の処理をおこなう必要があります。

このような処理を実行すると余計なリソース(メモリ及びCPU処理時間)が消費され、ファイルを開くだけでも時間を無駄にすることになるため、断片化が進めば進むほどシステムパフォーマンスは低下していきます。

デフラグをおこなえば、こうした問題を軽減することができるのです。

 

ページtopへ

Q.断片化(フラグメンテーション)はなぜ起こるのですか?

ファイルの削除が繰り返されると空き領域が虫食い状態になっていきます。
それが徐々にディスク全体に広がっていきます。
そして、隙間に収まらないサイズのファイルが保存されると、そのファイルはばらばらになって保存されてしまいます。

こうしてファイルの断片化が始まります。

ページtopへ

Q.PerfectDiskとはどういう製品ですか?

PerfectDiskは、コンピューターのパフォーマンスを低下させる「ファイルの断片化」(フラグメンテーション)を解消し、ハードディスクを「最適化」(デフラグ)して、アクセスを高速にするツールです。
PerfectDiskは、ディスク上の全ファイルの断片を特定し、連続した状態に再配置します。
また、断片化の誘発を回避するために、ディスク上の空き領域も連続化します。ファイルが連続した状態になれば、(他の全てのシステム設定が適切であると想定して)システムとアプリケーションのパフォーマンスは20%〜80%向上します。
Windows 8.1/8 (32ビット及び64ビット)にも対応しています。

Q.新バージョンで新しくなった機能は何ですか?

Windows 8.1/8 に正式に対応しました。 HDDとSSDの最適化が最大20%高速になり、スケジューラーのカスタマイズ機能を改善しました。 また、SSDに関するレポート機能を強化しより効果的な最適化を行うことができます。また、S.M.A.R.T情報の表示機能と空き領域の管理機能が追加されました。
詳細は「概要と新機能」を参照してください。

Q.OptiWrite®を使えば、ファイル断片化の発生を完全に防ぐことができますか?

できません。ドライブの使用状況や書き込むデータによっては、ファイル断片化が発生してしまう場合があります。発生してしまった断片化は、自動デフラグを併せて使用することで、意識することなく解消することができます。

Q.購入したばかりのプレインストールPCでも、デフラグした方が良いのですか?

はい。最初でも最適化することをお勧めします。ファイルの断片化はOSをインストールしたばかりの状態でも既に発生していますので、後々最適化の処理時間を短縮できるメリットがあります。
また、頻繁におこなわれる更新プログラムの適用も、断片化を発生させる大きな要因です。

ページtopへ

Q.ディスクに空き領域が充分にある場合には、デフラグの必要はありませんか?

必要です。断片化の進行状況はディスクの空き領域の大小とは関係ありません。
空き領域が充分でも、ファイル自体の保存/削除/更新処理により、ファイルは断片化し、パフォーマンスは低下します。

Q.圧縮ファイルを利用していますが、大丈夫でしょうか?

Windowsの圧縮ファイルにも対応しています。

Q.GPTドライブ上のボリュームや、ダイナミックディスク、圧縮ボリュームもデフラグできますか?

できます。GPTドライブ上のボリュームとダイナミックディスクもベーシックディスクと同様にオンライン/オフラインでの最適化が可能です。

Q.NASサーバーやネットワーク割当てしたパーティションをデフラグできますか?

できません。PCに直接接続されたハードディスクのみが対象です。

Q.USBハードディスクはデフラグできますか?

できます。

Q.システムファイルもデフラグできますか?

NTFSのみデフラグできます。ページファイル、メタデータ、MFTなどの、全てのシステムファイルを最適化できます。
ディレクトリ以外のシステムファイルはオフラインで最適化されます。ハイバネーションファイルは、オンラインデフラグ実行時に一時的に削除され、処理終了時に再作成されます。

Q.併用できないソフトはありますか?

「Go Back」「PC Anywhere」「System Selector」との併用により発生する問題が確認されています。

ページtopへ

Q.サーバーOSでは使用できますか?

PowerX PerfectDisk 13 Proでは対応しておりません。

Q.SSD(Solid State Drive)はデフラグの必要がないのでは?

SSDは特性上データ書き換え回数に制限があり、頻繁にファイルの配置変更などを繰り返すと寿命が縮む可能性があるため、デフラグは必要がない、あるいはかえって悪影響があると言われていました。
PerfectDiskは、書き込みパフォーマンス向上のために、SSDの接続を検出すると、デフォルトの最適化方法として「SSDドライブの最適化」を自動的に設定します。この最適化方法では、ファイルの断片化の解消はおこなわずに空き領域の結合を集中的におこなって最大化させます。 この方法であればファイルの移動を最小限にとどめることができるので、SSDのデータ書き換え回数の消費をできるだけ抑えることが可能です。

Q.FAT16/FAT32ドライブの起動時のデフラグ(オフラインデフラグ)は、サポートしていないのですか?

バージョン11からFAT16/FAT32ドライブの起動時のデフラグ(オフラインデフラグ)機能はなくなりましたが、FAT16/32のオンラインデフラグはサポートしています。
Windowsのシステムドライブとして、FATxは新しいバージョンのWindowsではほとんど使われていません(Vista以降のシステムをFAT32ファイルシステムにインストールすることはできません)。
そこで開発元のRaxco社では、古いWindows技術のメンテナンスを続けることよりも、新バージョンのWindowsや新しい技術を中心に開発していくことにしました。