製品情報

パン屑ナビゲーション

製品情報

印刷ユーティリティ

PowerX PerfectDisk 11 Pro


 
実用度の高い設計
 

■デフラグの中断/再開が可能

デフラグを一時中断し、再分析なしで再開できます。一時的に他の作業をおこなった後、すぐにデフラグを再開することができます。

ページtopへ

■最小限(1%)の空き領域で最適化

Windows標準の最適化プログラムの場合、最適化する対象領域の最低15%の空き領域が作業に必要です。PerfectDiskなら、わずか1%の空き領域があれば最適化を実行できます。

■選択したファイルの最適化

ドライブ全体ではなく任意のファイルのみ(単一または複数)を選択して最適化を実行することが可能です。
ファイルを最高100まで選択して最適化できます。
[断片化率が高いファイル]リストを使用することで、問題になっているファイルの断片化を迅速に解消できます。

 

■ファイルと空き領域の最適化の履歴

ダッシュボードで、これまで発生を未然に防いだ断片数と解消した断片数、最適化した総ファイル数を確認できます。

■64ビットをネイティブでサポート

 

■ドライブレターを割り当てていないドライブもサポート

ページtopへ

■ドライブの分析機能

ドライブの分析結果

ドライブのパフォーマンス状態やファイル/空き領域/ページファイル/メタデータ/MFTの断片化状況、断片化率の高いファイルリストなどハードディスクの状態を詳細に表示します。

これらを元に効果的な最適化方法を検討することができます。

■ドライブの状態や、
デフラグの実行状態に 関するアラートの表示機能

ドライブの断片化状態(ファイル、空き領域、MFT、メタデータなど)や、最後のデフラグからの経過日数などがしきい値を超えた場合に、アラートを表示します。

■統計情報

ドライブの分析結果やデフラグ結果の表示形態を変更し、各種の分析情報を表示します。

■ドライブマップ内のブロックのファイル利用表示

PerfectDiskのドライブマップで、ブロック内に配置されたファイルを確認できます。 ドライブマップ内のブロック(クラスター)のファイル利用統計情報を表示できます。

次へ