製品情報

パン屑ナビゲーション

製品情報

印刷ユーティリティ

PowerX CaptureWizPro 5


 
購入前の質問
 

Q.CaptureWizProとはどんな製品ですか?

CaptureWizProは、PCのスクリーン上に表示されているあらゆるものをキャプチャし、「ファイルとして保存」 「印刷」 「Eメールに添付」 「付箋メモとして画面上に貼付」 「イメージエディタで編集」などが行えるツールです。静止画としてだけでなく、音声も併せた動画としてもキャプチャできますので、プレゼンテーションやPCの操作方法を伝えるための説明ビデオを作成する際にも大変便利なツールです。

Q.キャプチャする範囲を正確にオブジェクトに合わせるにはどうしたらよいでしょうか?

高速キャプチャのオブジェクトファインダは、自動的にクライアントウィンドウやオブジェクトを探します。ツールバーなどの小さな領域でも正確に選択してキャプチャすることができます。また、カーソルキーを使って精密にキャプチャ範囲を移動することもできます。

Q.Webページなどで、ブラウザのウィンドウ内に表示しきれていない部分もキャプチャできますか?

できます。スクロールキャプチャを使えばスクロールしながら全体をひとつながりの画像としてキャプチャ可能です(手動スクロールはWindows 7では利用できません)。

Q.メニュー表示などをキャプチャできますか?

できます。メニューなどはマウスをクリックすると消えてしまいますが、ホットキーを使ってキャプチャできます。ホットキーを押すとその時点の状態で画面を静止状態にしますので、全画面をキャプチャしたり範囲を指定してメニューを含めた画面をキャプチャすることができます。

Q.キャプチャバーを常に表示させていると邪魔なのですが、隠すことはできますか?

キャプチャバーは画面の端へドラッグすることで隠すことができます。隠れた後はマウスポインタを近づけると自動的に現れます。また、キャプチャバーを閉じていてもタスクトレイアイコンからキャプチャ機能を使うことができます。

Q.マクロ機能とは何ですか?

CaptureWizProのキャプチャバーとホットキーは、マクロ機能を使って全てカスタマイズすることができます。 キャプチャ領域の指定方法と出力方法を自由に組み合わせることで、素早いキャプチャや連続作業の効率化が可能です。 例えば、高速キャプチャで範囲を指定し自動的に新規メールに添付して開くという作業を、ボタンやホットキーに割り当てることができます。

Q.DVDやストリーミングビデオのキャプチャはできますか?

お勧めしません。CaptureWizProは画面に表示されていれば動画のキャプチャもできますが、ビデオを再生しながらリアルタイムでキャプチャすることはPCに大きな負荷がかかるため、コマ落ちが発生してしまいます。また、最近のPCではDVDやストリーミングビデオはオーバーレイを使って再生していますので、この部分はキャプチャできません。フレームレートの高くない、GIFアニメ、Flashアニメーションは実用的なキャプチャができます。

Q.キャプチャした動画をホームページに貼りつけたいのですが

プレーヤーのビデオフォーマット変換機能を使えば、GIFアニメーションに変換できますので、簡単にホームページに貼り付けることができます。 AVIやWMVへの変換も可能です。

Q.長時間の動画は作成できますか?

バージョン5から動画の長さは、ハードディスク容量いっぱいまでに拡張されました。