製品情報

パン屑ナビゲーション

製品情報

印刷ユーティリティ

PowerX CaptureWizPro 5


 
活用事例
 

CaptureWizProは、パーソナルでのご利用はもちろんのこと、企業のマーケティング部門や教育機関に従事する方、雑誌の編集者、ライター、会計士など、多くの方々に役立つツールです。ここではCaptureWizProの活用例をご紹介します。

■ソフトウェア製品のサポートを受けるためにCaptureWizProを使った例

Aさんは、使用中のソフトに関するテクニカルサポートを受けるために開発元のサポートセンターに電話をしましたが、口頭で状況を伝えただけでは発生している問題を理解してもらうことができませんでした。そこで、CaptureWizProを使って自分の操作手順による画面の遷移を動画としてキャプチャし、Eメールにファイルを添付してサポートセンターへ送付したところ、状況をすぐに把握してもらうことができ、適切な回答を得て即座に問題を解決することができました。

■PCの解説書のライティングに
  CaptureWizProを使った例

BさんはPCの解説書の執筆に伴い、文章と共に掲載する画面を大量にキャプチャしなければなりません。クリップボードの自動保存が可能なツールを活用しPrintScreenのホットキーを使って効率的に作業をおこなってはいましたが、文字列や図版をコピーした分まで全て画像で保存されてしまうため、気が付くと膨大な数の不要ファイルが溜まってしまうことが悩みでした。また、表示にスクロールを要する画面については「何回にも分けてキャプチャをおこなった上で後から合成する」という作業が不可避であり、重荷となっていました。しかし、今ではCaptureWizProを使うことで、必要な時に必要な画面領域だけ、マウスを当てるだけで自動選択し、簡単にキャプチャできるようになりました。また、スクロールを要する画面もワンボタンで1画像としてキャプチャできるため、全体の作業が大幅に効率化し、大変重宝しています。

IEの[インターネットオプション]→[詳細設定]    
の画面をスクロールキャプチャした例]image

TOPへ