製品情報

パン屑ナビゲーション

ユーザー事例

印刷ユーティリティ

超お勧め、PowerX CaptureWizPro 4 中級

今回は、ネットジャパンで働く私のお勧め製品をご紹介させて頂きます。自薦になりますが、気にしていません。
ご存じかと思いますが、私達の会社では様々なソフトウェアを販売しています。その中でも個人的に非常に手放せなくなっているのが、お勧め製品のPowerX CaptureWizPro 4です。今回はユーザー事例という形でご紹介させて頂きます。この製品は、簡単に使用でき、また目的もはっきりしている製品でありまして、簡単に説明致しますと、パソコン上で使用するデジカメです。(あくまで個人の主観です)

仕事、調べ事、暇つぶしでもPCの画面上の物で欲しいと思った瞬間に直ぐに切り取って、保存する事が可能です。
昔は、新聞や雑誌をスクラップしていた方もいらっしゃるかと思いますが、今やインターネット上に様々な情報があり、そういった情報を、画像、文章問わずにスクラップするが如く電子データとしてさくっと保存する事が簡単に行えます。

では、私のお勧めの使い方ですが
インストールしたらまずはオプションからキャプチャーバーをお好みの色にしましょう。
私は気が向くと色を変えています。

 

ページtopへ

 

次に自分のパソコンの隅に配置します。移動は簡単ですので、邪魔にならないように移動させます。ちなみに画面の右上角はほかのウィンドウの×を押す時に邪魔になるのでお勧めできません。(あくまで個人の主観です)
配置が決まりましたら、後は思う存分キャプチャーするだけです。

一番私が使用する使い方は2ポイント選択です。CaptureWizProの画面の2ポイントを選択するとカーソルが十字になりますので、取りたい画面を2箇所対極に選択するだけでピックアップ出来ます。

例えばホームページを見ていて「この記事は・・・」と思ったら、2ポイントで下図のように必要箇所だけを選択します。

簡単に取れます

 

ページtopへ

 

また「ソフトウェアの操作画面を取りたい」と思った時も、この通り簡単に行えます。

「これはカッコいい・・・」と思ったら・・・

こんな感じに仕事も趣味にも活用可能です。

 

ページtopへ

 

キャプチャーした画像は下記の中より保存先を自由に設定出来ます。

通常の画像ファイルとする場合であれば、「保存」で良いと思います。またメモ用紙的に使用する場合には付箋がお勧めです。

このようにCaptureWizProはパソコンの中に実装可能な便利なデジカメです。
通常、画面を取ろうとするとPrtScで取るかAlt+PrtScで取る事になるのですが、その際には不要部分のトリミングを毎回行う必要があります。
この手間はキャプチャー枚数が多いとかなり面倒になります。

しかしこのCaptureWizProを使用すればその手間は一切必要無くなりますので、かなり効率的です。
機能はキーボードショートカットに設定しておけば、キーを押すだけで連続して取り込めます。

必要な時に簡単に画面の隅から出てきて、画面をキャプチャーするとまた隅に隠れてくれます。
動作も非常に軽快で負担を感じません。非常にシンプルなソフトウェアですが、使ってみればこの便利な機能にきっと満足されると思います。
私のお付き合いしているメーカー系の会社様でも、販売するために評価をして頂いた後、現場でも手放せなくなって購入されています。

今回はユーザー(実際に使っています)として、お勧めさせていただきました。
この機会にぜひ貴方のパソコンにもデジカメ(CaptureWizPro)を入れて情報収集を行ってみては如何でしょうか。